イオンモール(8905)株主優待・配当利回り

2月末に確定する株主優待・配当のお勧め銘柄として、

イオンモール(8905)、推定投資利回り4.90%(優待1.84%+配当3.06%)を紹介します。

 

応援の「ぽち」をお願いします。

↓↓↓↓

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

 

株主優待内容(年1回、2月)公式HP

・優待利回り1.84%(100株保有者の場合)

100株以上の株主にイオンギフトカード等を進呈

以下の3点から1点選択

・イオンギフトカード

・カタログギフト

・カーボンオフセットサービス

二酸化炭素(CO2)排出権が、一般社団法人「日本カーボンオフセット」を通じて、国の償却口座に無償で移転されます。

株主優待制度
持株数 ギフトカード カタログ カーボン
100株以上 3,000円相当 3,000円相当 3,000円相当
500株以上 5,000円相当 5,000円相当 5,000円相当
1,000株以上 10,000円相当 10,000円相当 10,000円相当

さらに3年以上継続保有者には、このほかにイオンギフトカードを追加支給あり。

株主優待制度(追加支給)
持株数 ギフトカード
1,000株以上 2,000円相当
2,000株以上 4,000円相当
3,000株以上 6,000円相当
5,000株以上 10,000円相当

 

株主優待内容は変更されている場合がございます。必ず最新のHP等でご確認下さい。

最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。また、内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。したがいまして、この情報に基づくいかなる損害についても責任を一切負いかねます。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。

 

配当金

1株50円(配当利回り3.06%)

配当性向36.7%

過去配当実績

2020年8月期:20円、2021年2月期:20円

2019年8月期:20円、2020年2月期:20円

2018年8月期:19円、2019年2月期:19円

 

最低投資金額

163,200円(2022年1月28日現在1株1,632円が100株)最新株価

 

会社内容

イオンのショッピングセンターや商業施設OPAを開発・運営。

1911

1911年11月 創業

1973年08月 損害保険代理業を開始

1989年10月 イオン興産(株)に商号変更

2001年06月 イオンモール(株)に商号変更

2002年07月 東証一部上場

2016年03月 (株)OPA子会社化

2021年03月 (株)OPAを吸収合併

 

 

証券会社による株価見通し

 

証券会社による株価見通しは、以下のとおりです。

発表日 証券会社 レーティング 目標株価 株価との乖離率
2022/01/26 大和 3継続 1,860 → 1,810 +10.91%
2022/01/26 水戸 B+継続 2,100 → 1,900 +16.42%
2022/01/20 三菱UFJMS Neutral継続 1,800 → 1,750 +7.23%
2022/01/18 SMBC日興 2継続 1,870 → 1,850 +13.36%
2022/01/12 GS 買い継続 2,300 → 2,000 +22.55%
2021/12/08 みずほ 中立継続 1,850 → 1,800 +10.29%
2021/12/07 JPM Overweight継続 2,100 → 2,000 +22.55%
2021/10/12 SBI 買い継続 2,570 → 2,490 +52.57%
2021/04/16 東海東京 OP継続 2,100 → 2,300 +40.93%

 

 

権利確定前後の株価の傾向

 

2021年(株分割がある場合は勘案)

2月01日 1,733円

2月17日 1,874円(権利付最終売買日1週間前)

2月24日 1,882円(権利付最終売買日)

2月25日 1,852円(権利落ち日)

3月16日、権利付最終売買日の1,882円まで回復

2020年(株分割がある場合は勘案)

2月03日 1,791円

2月19日 1,858円(権利付最終売買日1週間前)

2月26日 1,720円(権利付最終売買日)

2月27日 1,609円 (権利落ち日)

半年以上、 権利付最終売買日 の1,720円まで回復せず

2019年(株分割がある場合は勘案)

2月01日 1,825円

2月18日 1,866円(権利付最終売買日1週間前)

2月25日 1,877円(権利付最終売買日)

2月26日 1,815円 (権利落ち日)

半年以上、 権利付最終売買日 の1,877円まで回復せず

まとめると過去3年中2年は、半年以上権利付最終売買日の株価まで回復していません。

つまり株主優待・配当狙いの短期売買は見送るべき銘柄でしょう。

ただし、月初に購入して権利付最終売買日の1週間前に売却するのは、お勧めです。

最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。また、内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。したがいまして、この情報に基づくいかなる損害についても責任を一切負いかねます。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。

関連銘柄情報

2月の株主優待を見る

買物券プリペードカードの株主優待を見る

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

 

証券会社のご案内

 

口座管理料が無料なネット証券の講座は、複数保有があたりまえです。

手数料が安い証券会社を使い分けしましょう。

 

一回の取引毎の手数料(2022年1月現在)
証券会社名 ~10万円 ~20万円 ~50万円 50万円~100万円
DMM 株 88円 106円 198円 374円
松井証券 無料 300円 500円 1,000円
GMOクリック証券
96円 107円 265円 479円
SBI証券
(ネクシィーズ・トレード)
99円 115円 275円 535円
岩井コスモ証券「ネット取引」 80円 160円 400円 800円